FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理が好きな理由

花



好きなものリスト三番!!

心理!!

(関連記事:『仕事にしなかったやりたいことリスト』)


「心理学を学んでいた」と話すと「心が読まれちゃう!」という返事が、8割の確率で来ます。


超能力じゃないんだから!

心は読めません!

いつも同じような台詞を返してます。


「心理」ってそもそもなんだろう?

しん‐り【心理】

1 心の働きやありさま。精神の状態。「複雑な心理」「深層心理」

2 「心理学」の略。 


出典:小学館

引用:コトバンク


心理とは、「心の動き」なのです。

簡単に言うと行動や言葉などの材料から、心の動きを見つけるのです。

その見つけ方を学ぶのが「心理学」。


一括りに「心理学」と言っても、様々な種類があります。

私が学んだことのあるのは「消費行動心理学」「乳幼児心理学」「教育心理学」「家族心理学」など。

分野については、基礎心理学、応用心理学と位置づけがあるようなので、詳しく知りたい方はgoogle先生に聞いてみてください。


そんな広い、深い世界を好きな理由をお話しします。


自己分析ができる

「心の動き」の因果関係を知ることで、自分の心情を理解しようとしました。

例えば「他人が買ったもののほうが良いと思うのは、こういう理由だからだ」

と、分かれば「他人のものばかり欲しがって」と口を尖らせることもなくなります。


実際に「乳幼児心理学」や「家族心理学」で学び、

今の自分の性格や考え方を形成した要因が、幼少期の家庭環境に多くの影響を受けていることが分かり、納得しました。

いくら頭ののなかで言い聞かせても、何かが悪かったんだ、何か間違っていたんだ、と過去を責めていました。


でも「◯◯の法則」「◯◯の心理」と名付けられることで、

こうした心の変化は当然で、特別ではないと安心したのを覚えています。


心理学が自分を認めてあげるきっかけになったのです。


行動の裏の意味が見つかる


学生時代「消費行動心理学」の授業を受けたときに、レポートの課題がありました。

『自分の身近にある「消費行動心理学」』というテーマです。

教授が過去のレポートで面白かったのは、”メイドカフェについて”書いたものだと話していました。

メイドカフェ…それを超える面白い題材なんてあるのだろうか、と頭を抱えました。


そこで出会ったのが、美容師のイケメンお兄さん。

髪の毛を伸ばしていたこともあり、街中でカットモデルの勧誘をされることが多かったのです。

課題が与えられた週には、4回も声をかけられました。


これだ!!

稲妻が走りました。


私にしか書けないレポートがここにある!!

そんな思いを燃やしながら、課題に取り組みました。


イケメンお兄さんたちの行動を分解して分析していくと、面白いことに共通点がたくさん見つかったのです。

これが、カットモデルを引き受けてもらうまでのテクニックと言うものなのか!

イケメンお兄さんたちの行動には、意味があったんだ!

と、目から鱗でした。


(まぁ、最終的には全部断ってますけどね)


レポート課題をきっかけに、心理学の本質に近づき、ハマったのです。

心理学、面白い!!!!


さいごに


生きている限り、心理があります。

日々のなかで常に、心は動いています。


私は私を理解するために、心理学が必要だと感じました。

私は他者を理解するためにも、心理学が必要だと思います。


だけど、心理学を学ぶだけで良いとは思いません。

法則には例外もつきものです。


一人ひとりの心理は、学問では学べません。

だから一緒に行動をし、言葉を交わし、それぞれが自分を表現するのだと思います。

心理学は一つの方法でしかないのです。


一人で考えることも分析することも好きですが、同じくらい誰かと話すことも遊ぶことも好きです。

相手のことを知りたいと思ったら、考えるだけではだめですよね。

話しかけて!話を聞いて!一緒に過ごす!


だから、私は今日も行動します!


あると

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あると

Author:あると
「未来の自分へのエール」をコンセプトに日常の記録をしています。
今やりたいこと、今感じていること、今この瞬間を残して、
自分の頭、心の整理をして、自信がもてるようになれたら良いな~。

やりたいことをやる!
強みをみつける!

詳しいプロフィール

Twitter@9071lo

最新コメント

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。