記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真教室体験記vol.1




PHaT PHOTO写真教室の京橋写真部と体験会に参加してきました。
京橋写真部は、京橋の街並みを写真に撮っていく…撮影会です。
体験会は、写真教室の講座の内容、具体的な進め方を教えてくれます。
同じ写真教室ですが、別々のイベントです。

先週、写真の勉強をしよう!と思い立ってすぐ Twitterにてその思いを言葉にしました。
不安を追い払い、後戻りしないように。
やりたいこと、自分の本音から目を背けないように。
やりたいことやるって決めたのだから、写真を勉強しよう!今ならできる!
と心の中で決めました。

現実になった撮影会&体験会。
教室に通うかどうかは、体験会が終わってから考えよう。
それくらいの軽い気持ちで行きましたが、これまた小さく見えて、大きな一歩を踏み出したようですね。
千里の道も一歩から、という言葉が身に沁みます。

実際に参加して感じたことをまとめました。


自分以外の写真から刺激を受ける



写真を撮ることが好きで、ずっと一人で撮ってきました。
SNSにアップしてコメントや“いいね”をもらうものの、
誰かと写真について意見交換をしたことがありませんでした。

しかし、撮影会に参加してみると、みんなで一緒に歩きながらいろんな撮り方があることを知りました。

私は、ポツンと置いてある空き缶をそのまま撮りましたが、
ある人はカーン!!と空き缶を蹴り転がったものを撮っていました。
「なるほど!自分の撮りたい世界を自分で作るのか!」

また、石垣の壁を撮影していたとき、講師の先生から写し方のテクニックを教えてもらいました。
「石垣がないところ、ここまで入れるとデザインっぽくて面白いかも」
「なるほど!デザインっぽくみせるって考えるのか!」

撮影会終了後、お茶をしながらみんなで写真を見せ合う時間がありました。

写真教室に通われている方に撮った写真を見せてもらうと、
同じ場所を通ってきたのに構図も視点も私の中にはないものばかり。
「これが一番よく撮れました」とみせてくれた看板の写真。
私は看板をそのまま正面から撮っていたのに、その方は道を渡った向こう側から撮っていました。
「被写体は同じものなのに全然違う!」

数時間の間で見たこともない世界を見た気がします。
性格が違うように、好みがあるように、
写真もそれぞれの特徴があって視点があって雰囲気がある。
自分以外の写真をもっともっと見たくなりました。


カメラを持つと友だちが増える



撮影会に参加した方は、20代女性からお父さんぐらいの人までいました。
初対面の方たちが集まっていて、最初は会話もなく緊張感のある空気が漂っていましたが、
カメラを構え始めると、一気に壁がなくなりました!

「猫の溜まり場に行ったのに、猫がいなくて残念だったね~」
「あの Tシャツ可愛い!欲しいな」
「これ何処で撮りましたか?気づかなかったな」
「この辺で写真撮っていましたよね。ここに写っていますよ」と、私が小さく写っているものもありました。

また、通りすがりのおじいさんが「写真部?」と声をかけてくれました。
それをきっかけに、木造の家を羽板で作られたものだと教えてもらったり、
おじいさんをモデルに撮影させてもらったりしました。

話をしていると、おじいさんは京橋の美術展にいる方だったのです。
「通りでお父さん服装がオシャレ!!」
缶コーヒーを片手に、笑顔を見せてくれました。

最後には「創造する力は無限だから!」と手を振ってくれました。
なんて、素敵な出会いでしょう。

カメラを持っていると、私のコミュニケーション能力が上がったように感じられました!
カメラマジック!笑


自分の感性を見つける



写真教室の講座の体験会では、実際にどのようなことを講義するのか教えてもらいました。

講座の中で「講評」の時間が一番多く確保されています。
それは、自分の写真について言葉にしていくことと、他人の写真をみることを大事にしているからです。

写真には、目に見えない「感性」が写っているからだそうです。
自分は自分の「感性」で、他人は他人の「感性」で、それぞれ写真を撮っているんです。
だから、その「感性」を言葉にしていくことで他人との感覚の違いを知り、
自分の写真の撮り方、物の見方、が分かっていくのだそうです。

写真を撮る技術だけではなく、考え方、物の見方を一緒に知っていくところに、感動しました。

写真で自分を表現したい。
自分の考え方、自分の物の見方を認めてあげたい。
私が求めているものは、ここにある!

そう思ったのです。


さいごに



一人では見えないものが、他人を見ると見えてきます。
世界が広がります。
それは、写真の世界に限ったことではありません。

行動しようと決めたとき、同じように前を向いている人たちと一緒に過ごすことが、
何よりのエネルギーになるんです。

進み出したら、止まらない!あると
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あると

Author:あると
「未来の自分へのエール」をコンセプトに日常の記録をしています。
今やりたいこと、今感じていること、今この瞬間を残して、
自分の頭、心の整理をして、自信がもてるようになれたら良いな~。

やりたいことをやる!
強みをみつける!

詳しいプロフィール

Twitter@9071lo

最新コメント

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。