記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなものを「好き」と言うと起こる奇跡

あめ





今回で4回目の更新です。



ライフエンジンのセミナーに参加して、いろんなことを考え、行動し始めました。

そこで感じた思いの丈をこうやって記録に残すことにして、

もう3回目。



今日は、F太さんの講演から行動したことについて、書いていきます。



1.好きなものを言葉にする



「私はこれが好きです」

「私はこれに興味があります」



と、言葉にしました。ただそれだけです。





ツイッターのアカウントを初めて作ったのは2010年12月23日。



それまでのアカウントでは、プロフィールの欄といえば

好きな名言、自分の思いを一言、それか何も書いてないという感じです。



5年2か月の間、細々とフォロワーが増えていきますが、

広告やbotの方も多く、リツートやふぁぼ、@つけての返信もほとんどありませんでした。



まぁ、別に、自己満足でやっているから気にしないけど・・・

なんて思っていましたが、たまに自分のツイートに反応があるとやはり嬉しい。

いや、かなり嬉しい!!



それでも、フォロワーを増やすことを目的にするなんて、なんかかっこ悪い。

という思いもどこかにありました。



自分の好きなことをつぶやいていれば良いじゃないか。

それで、満足したように感じていました。





先日のセミナー後、すぐにツイッターのプロフィール欄を変更。



興味のあること、好きなことを、書き連ねました。




2.類は友を呼ぶし自分も呼ばれる




ツイッター画像





私のツイッター改革後です。



プロフィール欄を変えて、好きな人をフォローしまくりました。



今までこっそりとリストに入れて見ていた人たちを、次々フォロー。

時には「いいね」や「@返信」でメッセージを送ったり。



画像を見てもらえばわかるとおもいますが、一気にフォロー数100超えました。



すると、不思議なことが起こりました。



フォローしてない人から、フォローされる!!



どこで、どう繋がってきたのかは分かりませんが、

私のことを知って、「いいな」と思ってくれたからフォローしてくれたのだと感激しました。

その人のタイムラインを覗くと、私も相手に惹かれる・・

相互フォロー成立。





ライフエンジンのハッシュタグからも反応がありました。



今まで誰にも見られていない、と思って

つぶやくことに躊躇することはほとんど無かったのですが、

ライフエンジンに関することは

どうしようかな、つぶやいて良いかな?

と、少し考えてしまいます。



それでも、内容は「好き」な気持ちが溢れているので、

「伝えたい」思いが勝ります。



そこから、返信やいいねがつくと、やはり嬉しい。



思ったことは、言って良いんだな。

と、感じるのです。





この数日で、「@返信」「いいね」が今までないほどついています。



こんなに興味が同じ人たちがいたなら、もっと発信すれば良かったな、と。

私は「あなたのことが好きです!!」「前から気になっていました!!」と

恥ずかしがらず、伝えれば良かったです。





F太さんのいう、まずは「好きなことを発信していく」ことを続けていきたいと思います。

そこから、「ニーズ」を見極めていくんです。





3.やってみると何かが変わる!




今あるものの中で、今できることをやってみる。



気持ちが向けば、結構簡単な一歩でした。



「本当にそうなの?」

「私にできるかな?」

と、疑うよりも先にまず動いてみる。



「なんだ簡単にできるじゃん!」

「やっぱりだめだったな~」

どちらになるかは、合う合わないです。





うまくいかなくても、

やってみることリストが一つクリアできたという結果は必ず残ります。

「この方法はできなかった」

と、コメント付きで記録すれば良い。



それは失敗とは呼ばないんですよね。



だから、自信をもって進みます。あると



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あると

Author:あると
「未来の自分へのエール」をコンセプトに日常の記録をしています。
今やりたいこと、今感じていること、今この瞬間を残して、
自分の頭、心の整理をして、自信がもてるようになれたら良いな~。

やりたいことをやる!
強みをみつける!

詳しいプロフィール

Twitter@9071lo

最新コメント

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。